ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドングリ染め

パーマでカルチャーな仲間達とドングリ染めをしました。
初のドングリ染め。
どんな色に染まるかワクワクしていたのですが、
ええっ! まだ青い実しかないっ!!!
この時期だからこそと… と思っていたら
すぐそばにあるよと朗報♪

染色の準備をしつつ、たっくさん取ってきてねとお願いしたら
袋にいっぱいにドングリの帽子と実。

ロケットストーブとコンロを使い
ササ、クズ、ススキなど秋の野草茶をつくりながら
ゴムと石で簡単な絞り模様づくりの作業。

おはしでクルクルと布をまわしながら20分、
焼きみょうばんで色止め。
時間切れでちょっと薄い色でしたが、
みんなの個性が光る、オリジナル絞りの手ぬぐいが完成!

まだまだ染め若葉マークですが、
みんなの喜ぶ顔が見れて、よかったなぁ。
綿花を育てて、糸を紡ぎ、色を染め、そして織る。
また楽しいクラフトの時間をみんなと一緒に過してみたいものです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-28 23:13 | 染色

韓紅

久しぶりに愛用のMacから綴っています。
古い環境だと何かと大変。
進歩も大切だけど… でもね、と思ってしまいます。

ずっと行ってみたかった
京都・手染メ屋さんのワークショップへ。
定期的に伝統色をテーマに、いろんな素材で染めを体験できるのです。
今回は、韓紅(からくれない)という山形の紅餅を使いました。

紅餅とは、紅花の花びらを乾燥させたもの。
国産はかなり高価で、手に入れるには3月に予約が必要だそうです。
出来によっては、希望の量さえも手に入らないとか。
産地の山形でも30軒ほどしか生産されていなくて
100キロにしかならない大変貴重な染料。

鮮やかな赤に染めるには、黄色を抜いてく作業が必要なのが特徴。
揉んで、洗って、脱脂綿で赤を取り出し、
また染液にしてやっと染められます。

本来は、紅花の赤色が熱に弱いため
染める時に火を使わない“寒染”をするそうですが、
40度に温めながら染めました。
重ね染めはしていないものの、鮮やかで綺麗なピンクのショールが出来上がり!

教えていただいた手染メ屋・店主の
化学や歴史を交えながらのお話もなかなか面白かったです。
染めへの愛を感じるワークショップ、また機会があれば参加してみたいなぁ。
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-21 10:46 | 染色

日暮れの虹

風の強い一日。
木の葉がクルクルと舞う街。

日が暮れるのも早くなったなぁと
窓から見上げる空の色が、奇麗で外に出てみました。
紫がかった桃色と黄金のようにまばゆい
とてもとても幻想的な天空ショー。

神々しいとも感じられる空の向こうに
大きく弧を描く虹。
刻々と日が落ちる時間に見たのは初めてでした。

忙しく家路に急ぐ時間。
この素敵な空を見られたのは幸運ですね。
ココロのアルバムにしっかりと焼きつけました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-18 17:36 | 日常

感じる季節

寝て、起きて、働いて、食べて…
そんな毎日のなかで、ふと感じる小さな季節の変化。

今朝、外に出たときに感じた「風が冷たくなった」ということ。
外いく人の服を見てみると、少し薄着の私ではありましたが、
昨日は感じなかった、小さな小さな変化。

少し肌寒いのが好きな私。
なにか一枚布にくるまりながら、
本を読んだり、あたたかいドリンクを飲んだり、
雲や風に舞う木の葉を見たり、ぼ~っとしたり、
そんな時間を過ごしたい。

そんなことを思う季節となりました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-16 11:40 | 日常

紡いで、染めて

最近、ますます「紡ぐ」ことや「染める」ことにとても強く惹かれます。

心地よいことを生活の糧にしていきたいし、
自分の手の届く場所においておきたい。
急にその道の達人になれるわけでもないので、
人に伝えていくことも一緒に。

ココロ豊に暮らす素敵な方が増えてきたけれど、
私だからできることってなんだろう…
そんなことをずっと考えています。

百貨店の期間ショップで手紡ぎの商品を置いてあるかたわらに
いろんな場所でとれた綿を置いてあり、じっと見ていたら
お店の方が話しかけてくれました。

和綿は下にむいてコットンボールが実ること。
仕事の場で植えた綿は下向き。
ちょうど今、3つに分かれた小さくてふわふわの白い綿がついています。

畑では、背丈が高くならないように選定することとか
綿の採れる地域は赤道近くの地域であることなど。

ちょうど、染め体験に行く予定の店主が修行されたお店でした。
男性でしたが、柔らかくて、手紡ぎのような温かさのある人。
そんな人がいる所にも、また惹かれるのです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-10 13:18 | 日常

秋を味わう、秋を染める

まだまだ暖かい10月。
近ごろ、カラダで感じる秋が長くなったような気がします。

秋の楽しみといえば、野の素材での遊び。
名前は知らないけれど、誰もが見たことがある野草を使った教室を開催します。
香ばしくておいしいオリジナルブレンドの野草茶や、
秋色に染める手ぬぐいを作ります。

野遊び初めての方、モノづくりが好きな方、一緒に楽しい時間をすごしましょう!

   ◆野遊びを楽しむ「野を味わう、秋を染める」
   日 時:10月28日(日)14:00~16:00
   会 場:オリンピア岩屋(神戸市灘区岩屋北町3-3-9-103)
   参加費:1,000円 (野草茶、手ぬぐいのお土産付)

   問い合わせ・申込先:ホームページの申込フォームよりお申込みください。
   主催:オリンピア岩屋  TEL:078-802-7098   
[PR]
by yuyu-kotori | 2012-10-04 11:31 | 日常