ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

日常のイロイロ


by yuyu-kotori
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

3月も終わり

今年になってもう3ケ月も過ぎたのか… という感じです。
時間が止まったように思えた自然の脅威を見ていた日から
あたりまえですが、時は流れていくのですね。

どんな気持ちになろうとも
個人としてやるべきことは、待ってくれません。
やり残していることはたくさんあるので、
優先するものから、こなしていくしかないですね。

この週末も、大切なことが2つ。
準備もまだまだ。
今日は、ランチにたくさんの人が来てくれてバタバタ。
その後は、自転車に乗って買い出しの店めぐり。
気づけばいい時間。

今、力を注いでいることが、
誰かの役にたったり、元気づけられるきっかけになればいいなぁ。
全ては未来のために。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-31 22:31 | 日常 | Comments(0)

春の実感

桜の開花宣言もあり、近所の桜を見てみると少し咲いていました。
春ですね。

悲しい気持ちでいた時、満開の桜を見て癒されたのを思い出しました。
少しずつ復旧が進む久一の方々にとって
ココロが和む時間が訪れればいいなぁと願っています。

久しぶりに立ち寄ったお野菜屋さんでも
山菜が置いてありました。
私の好きなこごみも少しお手頃だったので、ひとつ。
野カンゾウも奥から出してきてくれたので、これも少し。

自生のカンゾウを採った話をしたら、
調理師さんも知らない方がいるとか。
珍しいのかな?

一度、覚えてしまえば野カンゾウの姿を里山で見つけることができます。
本当は自分で採取したいのですが、出かける予定もないので
今回は誰かが摘んでくれた野の味覚を楽しみたいと思います。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-30 17:10 | 日常 | Comments(0)

昔ながらの

日本の仕事人が海外の村を救うという番組。
以前、とても簡易なかまどの作り方を見て
機会があれば試してみたいと思っています。

今回は炭団(たどん)を作っていました。
炭団とは、木炭や竹炭の粉末とつなぎを混ぜ合わせ乾燥させた団子状の燃料のこと。
名前は知ってましたが、実際に使ったことはありません。

炭を焼いた後、つなぎとなる芋のツルや残飯、米のとぎ汁を探していましたが、
全て家畜のエサとなり分けてはもらえず。
やっと譲ってもらえたのが牛糞。
つなぎは何でもいいの? と思って調べてみたら
フノリやメイの汁などの海草類、石灰、イモの澱粉、水などいろいろあるようです。
穏やかな火で長時間燃焼するので、主に櫓炬燵(やぐらごたつ)、火鉢などの
暖房用燃料として使われていたとか。
調理用には、火力の強い竹炭がよりいいそうです。

炭の粉も無駄にしない炭団。
これも暮らしの中の智恵ですね。
忘れさられようとしている昔ながらの暮らしには、
復活させたいモノやコトがいっぱいだなぁ! と感じながら見ていました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-28 17:18 | 日常 | Comments(2)

お腹のムシ

緊張状態にあると、空腹感も薄れるとはいっても
2週間以上も経って、まだ十分な食が届かない地域も…

家で過ごす日、何となく何食か抜いてみるものの
やはりお腹のムシが騒ぎます。
自由に食べられることのありがたさを感じながらも
空腹に耐えている方達を想う。
もどかしい。

被災された方々が援助を待つだけでなく、
自らトイレやお風呂を作って過ごされている様子が放送されていました。
気持ちがカタチになると、勇気づけられた人も、また次に進む力が湧いてくるもの。
お金や物資も必要ですが、
これからの道のりで、力になれることは何だろう。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-27 14:34 | 日常 | Comments(0)

命の水

浄水場の水のヨウ素数値が下がってきたようで、
少しホッとしています。

命を維持するために欠かせない水。
サバイバル術でも、どうやって水を得るのかいろんな方法が紹介されていますが
やはりその術を知っておくことは大切だと切実に感じました。

水を浄化する活性炭は放射性ヨウ素を除去する能力があって、
今回もある浄水場では、活性炭の使用量を2倍にしたそうです。
他には、蒸留水がいいという紹介もあります。
実体験は自分でコツコツと調べるとしましょう。
炭をつかっての浄水も興味があったのですが、
竹炭や備長炭でも効果があるとか。
一斗缶で手軽に炭を作る方法も本に紹介されていたし、
一緒に体験してくれる友人を探そうかな。

知っているだけでなく、実際に作ってみることも必要。
これも生きるための智恵と力ですね。

先日、天然の発泡水を買ってみたのですが、シュワシュワして美味しかったです。
天から降ってきた雨がゆっくりとろ過され、
場所によっては、まったく風味の異なる命の水となる…
自然の力にはかなわない。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-26 21:17 | 日常 | Comments(0)

モンゴルで

モンゴルの全公務員の給与一日分が、今回の震災に寄付されるそうですね。
親日国といっても、なかなかできることではないと、感動しました。
援助の新しいカタチを見たような気がします。
もちろん、援助はお金だけではありません。
本当に、いろいろなことを考えさせられます。

日本の大きな組織では、取り返しのつかない失態があっても尻ぬぐいは税金。
自分達の懐は痛くないから、一部の利権のために押し進めるのでしょうね。
その結果が今の現状。
しっかり見て、二度と繰り返さない… そう思われた方も多いはず。

他国のために人肌脱いでくれるモンゴルの人々の心意気。
日本人が置いてきてしまった大切なココロを取り戻す時が来たのではないでしょうか。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-25 23:43 | 日常 | Comments(0)

生きる力

情報があふれ過ぎて、どれが本当か見極めるのが難しい時代。
汚染された農作物、魚、水、土…
問題ないと言われても、いまいち信用できない。
中国産の食材の方が安全というのも、どうだろう。
周辺に住む方々のことも心配ですし、これからの食のあり方も気がかりです。

“生きる力”を身につけたくて学ぼうと思ったパーマカルチャー。
私自身も、マチの中からできることを本当に実践し、伝えていくこと—
今回のことは、身につまされる現実であり、
いろんなことが始まるきっかけでもあるように感じています。

一銭焼屋のゴミ箱にのっかっていた卵を入れる紙のクッション。
タコ焼を買うついでに、お兄さんにちょうだいねと声をかけて一ついただいた。
そう、タネを播き、実りのための準備です。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-24 02:23 | 日常 | Comments(0)

変化

常に話し、伝えるということは大切。
でも、変わらないなぁ…
必要ないのでしょうね。

また、引いていく気持ち。
私も変化しよう。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-23 10:30 | 日常 | Comments(0)

春まつりで

c0194992_2246464.jpg

この週末も山の上へ。
震災から見ていた映像や情報から少し離れていました。

何を感じたかを皆で話すとき、気持ちが高ぶってうまく言葉にできませんでした。
もっと普通に話せると思っていたのですが、自然と泣けてくる。
迫ってくる黒い波、ショッキングな情報などが
どこか頭に残っていたからかもしれません。

私が感じたのは、
いつもは恵みを与えてくれる自然の恐さ。
そして“生きる力”という言葉。

いろいろと失ってしまった一瞬のできごと。そして、余りにも大きな傷跡。
優先するは救助、救援。
その後、どう立ち上がっていくのか。
多くの人のココロに問いかけられているように感じます。

春まつりでの味噌づくり。
陶器製の壺に2つ、仕込み終えました。
これも、その問いかけの一端でもあるような気がしています。

自分にできること。
その先にある未来が明るいものであるように。
考えながら、一歩を。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-21 22:45 | 日常 | Comments(0)

初ものの

初ものの朝堀タケノコ。

下茹ではヌカと思っていたら、
当日ならひとつまみの塩、翌日はひとつまみの米で
沸騰してから20分程度茹でて、自然に冷ますといいそうです。

ヌカを使うと臭みがでて、風味が消えるからと教わりました。
美味しくできるかな。
[PR]
by yuyu-kotori | 2011-03-18 00:41 | 日常 | Comments(0)