ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

日常のイロイロ


by yuyu-kotori
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

11月も終わり

c0194992_1273856.jpg

気づけば、11月も今日で終わり。 びっくり!! です。
いよいよ今年も残り少なくなってきました。
でも、やることいっぱい残ってマス。
ドラエモンがいたなら、2ヶ月前に戻してほしい… と
ちょっと深夜の空想時間に突入。

この1ヶ月は、新しい取組みのために勉強させてもらいました。
いろんな気づきがあったので、時間をさいてよかったなぁと。
それもこれも、人の縁でつながったこと。
私も何かしら、きっかけや縁をつなぐことができる人になれれば嬉しい。

先日、会話の中で「アーバンパーマカルチャーだね」と言われ、
改めて、私はそれでいいんだと思いました。
田舎も好きだし、都会もまだまだ魅力的。
いいとこどりの私です。 贅沢かしら。
縁も含め、自然と自分が進みたい道がはっきり見えてきた感じ。
あとはできる限りのことをやるだけ! ですね。
お財布は寂しい限りですが、気持ちだけは元気。
気持ちがあれば何っだってやっていける。 うん、大丈夫。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-30 01:23

干し柿

c0194992_123737100.jpg

牧場に行く楽しみの一つ、特製ランチ。
パーマカルチャーのためだけに作ってくれます。

今回は、3日間も煮込んでくれたという14種類のおでん。
玉子、こんにゃく、レンコン団子、ダイコン、餅入りきんちゃく…
こんなに贅沢なおでんは初めて。
美味しかったなぁ。

再び登場したシェフがおやつにと持って来てくれたのが、
山柿を3週間干して作ったという干し柿。
開いた柿に胡桃を巻き、トッピングは牧場オリジナルの生チーズ。
柿のトロリとした部分とチーズがよく合います。
大変、気に入りました♪

干し柿にかびが生えないように作るには? と聞いたところ、
手、包丁、まな板を綺麗にした上で、
柿も洗い、皮を剥いて吊るした柿を沸騰したお湯にさっとくぐらすのがコツだそうです。
まだ、渋柿売ってるかなぁ?
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-29 12:36 | パーマカルチャー

仔牛が

c0194992_0324424.jpg

今日も街から山へ。
毛糸の帽子はまだ早いかと思いきや、
小屋ではストーブが用意されていて、合間には暖を求め、火の周りに集まる人、人、人。
もう冬なのですよね。

そんな牧場で! と思ったのが、整備して放された山の斜面につどう仔牛。
知っていたものの、見るのは初めて。 何だか不思議な風景。
この仔達は、いわば下草を食べるトラクター代わり。
緑の少ない季節なので、効果があるのかどうか? 一目では分かりませんでしたが…

朝6時に斜面に移動させるそうですが、
夕方、下で集合して帰るのを待っている姿は可愛い♡
新しいお世話係の人かと思ったのか、寄って来た仔はシノブちゃん。
夏生まれのこの仔達には、名前があるのです。
間近で見れて嬉しいなぁと思いつつ、写真を撮る私。
遠くから、トトトと小走りに移動する様子を見て、
牧場でお世話される女性にちょっとお話を聞いてみたり。

おととい生まれたての仔もいて、あどけない命に、ほっこり癒されたのでした。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-28 23:59 | パーマカルチャー

嬉しい奇遇

c0194992_17205357.jpg

いいお天気なので、自転車でポタリング。
大通りのイチョウ並木も色づき、街ナカを華やかに彩っています。

お目当てのマルシェがお休みだったので、
足を延ばして、お野菜も売っているセレクトショップへ。
毎週土日に並ぶ採れ採れのお野菜だけでなく、
料理や暮らしについての本、食器、食品、種も置いている洋服屋っていいですよね。

本と野菜を買って、人気のお店へランチに。
カウンターの席に座ると私を呼ぶ声。
知っている人は少ないのに、誰? と顔を上げると
パーマカルチャー & 摘み菜つながりの女性。
お〜、こんなところで♪ と一緒に美味しいごはんをいただきました。

その後も彼女オススメのお店を教えてもらいながら、ちょっと散策。
あまりゆっくり話す機会もなかったのですが、
彼女の素敵なセンスに触れた、楽しいひとときでした。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-27 17:18 | 日常

初めまして♪

c0194992_1832192.jpg

リニューアルオープンしたデパ地下へ。
ワクワクする気持ちを押さえつつ、コロコロ片手にお買い物。
お買得のキイロのカリフラワーを手にとり、ふと顔をあげると、
な、なんと、かの有名な彼が!!

野菜売場の一角で、お願い買ってねポーズ。
奈良産の野菜のPRで来ているようです。
そのまま笑って過ぎてみたものの、
他の人が記念写真を写すのを見て、私も〜 と後戻り。
普段は興味はないものの、
目の前にすると、ちょっと嬉しい…

長いイベントを終えたせんとくん。
またどこかで会えるかな。
ポーズとってくれて、ありがとう♪
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-26 18:29 | 日常

嬉しいおすそ分け

c0194992_23123150.jpg

最近、見知らぬ方から近所の商店まで
嬉しいおすそ分けをいただくことが続いてます。

今日も、野菜屋さんへ行って
原木で育てられた大きなナメコを買ってみようと調理のコツを聞いてました。
ナメコは塩で洗い、汚れを落とし、2〜3ヶ月ほど冷凍できるとか。
天然もののキノコは、もうシーズン的に最後なので、
珍しいキノコとか、料亭ではそうやって保存しているらしい。

帰り際、目の前にあったチンゲンサイをハイって。
昨日の残りだからと、小ぶりだけどまだまだ綺麗なモノをいただきました。
まだ、常連の粋に達してないのですが、
イロイロと聞くので覚えてくれているのですね。
私はプロの方達がどうされているのかを聞けるのが楽しいのですが、
思いがけないおすそ分けに感謝しつつ。
ありがとう。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-25 22:48 | 日常

枠を

昨日の講演会の中でも話されていた“枠をとっぱらう”ということ。
〜でなければならない…
という思い込みやルールで縛られたことから離れてみる。
自分の中の枠をとっぱらってみる。

これって、なかなか難しいことなのでは?

常識、と思っていたことが自分を縛ることだったりするのかも。
最低限のルールって必要だと思うのですが、
一人ひとりが自分の良心や思い遣りをもってすれば、
規則やルールも必要無い?

例えば、電車を待つのに列は必要ないんじゃないか! との言葉に
混雑や事故が無いように分かりやすいカタチはあっていいのでは?
街の中ではなおさら、誰もが理解できるルールは◎と思う。
乗車、席のことも含め、誰もが譲り合うココロを持っていれば
必要無いとも言えますが…
時間に追われる都会では、ココロの余裕が少ないせいか、
私も時々、素敵な気持ちに触れ、はっとさせられることもあります。

〜せねばならない、も自分が望むから目指すこととして
そう考える場合もあるし。
それって、自分を枠で固めていることになるの?
楽しんでいれば、それもいいような気がします。

さて、外から見た私ってどうなんだろうなぁ。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-24 23:55 | パーマカルチャー

机を並べて

c0194992_808100.jpg

昨日、モモの家で出版を記念して講演会がありました。
参加された方の約半数は、パーマカルチャーが初めての方。
少しずつパーマカルチャーを知ってくれる人が増えるのは嬉しいことです。
地道に一歩ずつ…

モモの家で過ごすのは初めて。
ふんわりとした空気が流れる家の中には、
看板犬のドンちゃん(ドングリちゃん/女のコ)が、
みんなの間を自由に行き来。 そして昼寝。
この家を訪れる人達に愛されているのだなぁって思いました。

講演会の後は、おまちかねの交流会。
パーマカルチャーの集いだからと、野菜たっぷりの食事を用意してくれました。
机を並べて長〜い食卓へ。
まるで親戚一同が集まったような、賑やかな食事の時間。
会話もはずみ、予定時間を押してしまいましたが、
私も素敵な女性とお話できてココロもお腹も満足、満足。
普通に楽しんでしまいました。

また、元気をいただいた一日でした。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-24 07:52 | パーマカルチャー

ランチを

c0194992_18362425.jpg

明日ランチを!とのメールにメニューを考える間もなく、買い出しへ。
お買得品も含め、頭の中で計算しながら予算内に納めました。
朝早くから、おおまかな段取りを済ませた素材を
コロコロに載せて急げ、急げ!

初めて使うキッチンなので、勝手が分からず
キョロキョロしながらの準備。
お手伝いのお母さんもいるので、
手を貸してもらいながら時計とにらめっこ。
あまりお待たせすることもなく、なんとか終了。
お世辞を+しても、量も味もちょうどいいと言っていただけたのでよかった〜。

まかないを食べた方から、やさしい味と。
そうか、人が違えど、私の作るものはやさしい味というのが共通のよう。
味が足りないのでなければ、いいのですが…
ワンパターンにならないよう、
一皿でいろんな味が楽しめるご飯を目指したいものです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-22 18:31 | 日常

渋柿はやっぱり

c0194992_2384871.jpg

今日もいそいそと山へ。
秋深まる淡河。
母屋前の神社の地面には、音をたてて落ちる葉っぱの絨緞。
畑を歩いても、太陽のほのかな暖かさが気持ちいい。

みんなで作ったという干し柿が軒下にたくさん並んでいい感じ。
一週間前に作った干し柿をこっそり味見。
中身はとても甘いのですが、外側の実の渋いこと。
口の中の水分がキュ〜ッと吸い取られるような感じ。
美味しくいただくには、もう少しお預けです。

実は、渋柿を口にするのは初めて。
言葉だけでなく、五感で感じる体験は大切ですね。
それにしても渋かった…
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-11-21 23:02 | パーマカルチャー