ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

日常のイロイロ


by yuyu-kotori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ベレー帽

アクセサリーをあまり持たない私にとって、帽子は遊びのアイテム。
今年はいろんなタイプのベレー帽が登場してますね。
丸々とした顔が少しでもすっきりと見えるようにと
店先で試してみては、鏡の中の変身を楽しんでみたり。
頭に載せるだけで雰囲気が変わり、まるで魔法のよう。

いくつかココロに残るベレー帽があったのですが、
手元にやってきたのは濃いグレーに紫のラインが入ったフワッとした素材のもの。
家にもどりタグを外し、改めて表示を確認したら
大好きなマキシンの帽子でした。
もともとシンプルで美しいカタチが好きなのですが、
いいなぁと思って手にとる多くがマキシンのものだったりして
神戸の老舗なんだと知るきっかけになりました。

ベレー帽といえば、友人の子供が小さい頃、ずっと被って遊んでいたので
絵書きさんなんて呼ばれていたこともあったなぁと
そんなことをふと思い出すのでした。
久々に絵書きさん復活の冬になりそうです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-30 00:47 | お気にいり

価値

いいものやいいサービスがお手頃価格になるのは嬉しいですね。
売り手が納得しての値引きならいいのですが、
売れないから仕方なく… というのは背景を考えると
怖くなったりします。

安く手に入れて喜ぶ前に、ちょっと考えてみませんか。
ていねいに作られたものは、伝統や技術が込められています。
サービスも同じ。その人が養ってきた知識や経験が提供されるのです。
必要以上の安売りは、回りまわって自分達にもどってくるように思います。
それが今の日本の流れですよね。

価格だけを見て簡単に値切ることは危険なこと。
どういう工程や時間を経て、自分の前にあるのかを想像してみましょう。
ココロあるものやサービスには、きっとその価値があるはず…
と思ってしまうのです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-29 10:50 | 日常

仕組み

c0194992_0385068.jpg

モデルハウスだけでなく、家を借りるのに
いろんな家を見るのは面白いですね。
空間の中に身を置き、生活している様子を想像するのは
夢がふくらむ楽しい時間です。

世帯数を超えるマンションなどが建てられている日本。
一方では、高齢化で管理する人もいない空家が増えていますね。
それを活用しようとするシステムの物件を見に行きました。
黒光りした太い梁、広い土間、井戸、古い道具に
私の大好きな蔵付きの立派な邸宅でした。

が、気になるそのシステム。国土交通省がからんでいるよう。
分かりやすく図にされていましたが、
いろんなところに、お金が落ちる仕組みのように見えてしょうがない。
年度末の3月までに納めようとしているのも、何だかなぁ…
どこかココロにひっかかる日本の各分野での取組み方は、
分かるけど、そっちじゃないのよね〜 って思ってしまう。
大きなものに依存しない仕組みや生き方。大切だと思います。

昔ながらの生活を垣間見ることができて楽しかった〜♪ と
今の日本のシステムに? を感じた一日でした。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-28 18:47 | 日常

また新たなワクワク

パーマカルチャーで仲間と顔を会わす機会が増えつつある最近。
一緒に鍋を食べながら、これからの展望にむけて話していると
ワクワクしきて、とても楽しい気持ちになります。
一緒に過ごした誰もがそう思ったであろういい時間でした。

年齢や性別を問わない、フラットな関係で、
それぞれの得意とする分野を生かせることができれば
きっとそこから大きな力が生まれるはず。

実現するには、いくつものハードルを越えないといけませんが、
それもまた楽しみであったりするかな。
桜の咲く頃にはきっと新たな展開もスタートできていることでしょう。
それは、何かと言えば… 春までナ・イ・シ・ョ♪ です。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-27 00:41 | パーマカルチャー

芋・イモ・いも

いろいろ買い出しした食材の残りがあるので
里芋、京芋、サツマ芋などに鳥肉団子をいれて味噌汁仕立てに。
鍋いっぱいに作ったので、
3〜4日はこの芋汁をいただくことになりますが…

相変わらず、自分の味覚だけが頼りの適当レシピでも結構うまい♪
ご飯がなくても芋いっぱいなので、これだけで満足です。
キク芋もあるので、追加で入れてみようかな〜。

野菜がたくさん入った煮込みメニューは簡単で、
カラダも温まりますね。
鍋が空いたら、ジャガ芋をメインにシチューでも作ろうか。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-26 00:51 | 日常

winter picnic 2009

c0194992_0311288.jpg

連休の最後。お天気にも恵まれ、パーマカルチャー関西の仲間が集う
ギャザリング in 関西『winter picnic 2009』が開催されました。
新旧いろんな顔が集まり、餅つきでスタートしたwinter picnic。

みんながお腹を空かせてはいけないと、有機野菜や美味しいお肉を準備。
また、持ち寄ってくれたお料理もいっぱい並びました。
バーベキューや豚汁をほお張りながら会話を楽しみ、
ハンドマッサージや木の案内、蜜蝋づくりなど
各自の特技を生かしたワークショップに参加したりと
思い思いにパーマカルチャー流の時間を過ごしました。

せっかくの野外なのでと、前々からやってみたかった
バームクーヘン作りを友人と一緒に挑戦♪
何を作ってるの〜!と集まってきた人達で協力しながら
一層一層、生地を巻いていく地道な作業。
ボール3杯分を焼き上げて完成です。
さて、どんな仕上がりになったのか… ドキドキしながらカット。

まさしく木の年輪。いびつなカタチも、いい味わいです。
素朴な味でしたが、コツコツ自分で焼いたバーククーヘンは最高♪
次の機会には、進化した年輪を〜と、一人燃えております。
その場にあるもので、皆の智恵を合わせ自由に作りあげるのが
パーマカルチャーの醍醐味でもあるんですよね。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-25 11:41 | パーマカルチャー

誕生

c0194992_2053542.jpg

2ヶ月ぶりにデザインコース2日目の場・弓削牧場に行って来ました。
11月中旬、あいにくの天気ということもあってか山上は冷えます。
私たちを気遣って焚いてくれたストーブにココロもカラダもポカポカ。

すっかり落ち着いた冬の畑にムギを蒔く準備をしていると
牛が生まれる〜!! との声に数名が走って小屋に。
ちょうど、1本出ている脚を引っ張っているところ。
祈るような気持ちで見ていると、10分ぐらいでドサッと新しい命が生まれ落ちました。
不思議なことに、それまで近くでしらん顔でいた他の牛達も駆け寄り
仔牛を歓迎しているようにも見えました。

1時間位で立つと聞き、2時間ほどその瞬間を待ちつつ眺めていたのですが、
うまく前脚で体を支えることができず、
座っているところを飼育の人に抱えられ藁のある部屋へ。
母親も仔牛を追ってきて、戸の間から舐めていました。
顔の黒い模様も、よく似ています。やっぱり親子ですね〜。

講座が終わった後、気になって見にいったら
壁にもたれながら立つ練習中。
まだヨロヨロと頼りないのですが、
トロ〜ンと定まらなかった顔つきも少ししっかりしたような。
許されるなら、添い寝したくなるくらいの可愛さ♡
私たちが出産を見届けた仔牛は男のコだそうです。
元気に大きくなるんだよ— そう声をかけ牧場を後にしました。
また、会いたいなぁ。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-24 20:35 | パーマカルチャー

大活躍

一日中、自転車に乗って東西、南北を行ったり来たり。
右のブレーキが切れたまま走っていましたが、
何かと具合が悪い。
暗くなってから、やっと自転車屋さんで修理。
左のブレーキがギギーッと嫌な音がするのでついでに見てもらいました。
結局、油を注して張りを調整してもらったら
あらっ♪ とっても快適です。

このコ(自転車)には、ずいぶんお世話になってますが、
あまり手入れをしてあげてないなぁ。
ちょっとのことですが、とても喜んでいるように
夜の街をスイスイ走って用事も無事こなせました。

それにしても、どのくらい走ったのだろう…
自転車にも距離が分かるメーターがあったら面白いのにな。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-22 02:22 | 日常

アウトレット ブック

先週オープンしたばかりの“アウトレットブック by Kinokuniya”に寄り道。
買いそびれたものの、やっぱり欲しいなぁと探していた
アジアンノットの本と皮紐で作るアクセサリーの本を購入。
どちらも半額以下のお値段♪

情報が次々と新しくなる現代。
発行されてから6ヶ月以上を経過した在庫本が
自由価格本として新しいまま格安で販売されるのです。
店先で出会った心に残る一冊もまだまだあります。
その中にお目当ての本を見つけることができれば嬉しいですね。

今回、手に入れた本を参考に紐を編んで、
また新しい小技を身につけようと思っています。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-21 02:35 | 日常

土の塾

c0194992_0355283.jpg

所用で京都方面へ。
どこに向かうのかよく分からないミステリーツアーの気分でしたが
到着すると、そこはNPO活動をされている“京都土の塾”のフィールドでした。
長年放置された場所を10年かけて畑や田んぼにされたそうです。
基本機会を使わず人の力だけで作りあげたとのこと。
伐採した木のカタチを生かした建物もありました。

面白かったのがトイレの話。
竹の柵で囲んだだけの青空トイレ。
コンポストトイレではよくオガクズを入れたりしますが、
ここでは竹の葉を利用します。
殺菌作用があるので夏でも臭くないそう。
見学しましたが、本当に臭わない! ここまで効果があるのかと驚きです。
女性用トイレの改修で、堆肥化したものを掘り起こしていたら
底にはなんとサワガニがいたとか。さらにビックリ!!
綺麗な場所に住むサワガニが、トイレの底にいるなんて…

あと、思い出したように話してくれたのが納豆のこと。
小枝など堆肥にした山に埋めて、納豆を作るそうです。
少し掘って手を入れると、ほのかに温かい。
納豆づくりをするんだと思ってから、
何度も納豆に関する情報が目の前にジャ〜ンと登場するこの感じ。
12月の納豆体験が楽しみです♪
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-20 00:26 | 日常