ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

日常のイロイロ


by yuyu-kotori
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

自然の回復力

この数日、気になっている水、川、海にまつわるコトがまたひとつ。
ニュースで紹介されていた海岸の復活について。

海に囲まれた日本。
自然まま残る砂浜も少なくなっていますね。
貴重なその風景も波に侵食され、
災害を引き起こすきっかけになったりするそうです。

消波ブロックを積み重ねてみても、
砂を補充しても、砂はすぐ無くなってしまう…
ダムでせき止められた土砂も、要因のひとつと言われてます。
自然に手を加えすぎると、思いもよらないことへ影響があるのです。

黒い小石を使ったある実験では、1ヶ月でみごとに砂浜が回復していました。
小石の間に砂が固定されるというシンプルなしかけ。
今ではその小石の上に50センチも砂があるとのことでした。
ローコストでこれだけの効果があるなんて、素晴らしい!
自然の回復力の力強さを感じました。

自然のバランスをくずす建造物、見た目だけつくろう方法は限界があります。
色んな工夫ができるのが人間のよいところ。
本当の意味で、豊かに暮らす時代にあるのだと感じました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-30 01:02 | 日常

来畑でポンポンッ

c0194992_1384716.jpg

一ヶ月ぶりの来畑。
季節はずれに植えたゴーヤも小さな実をつけました。やった〜!!
お昼ごはんを食べていたら少し雨降り。
いつも声をかけてくれるオジサンが、こっちで休憩したらと
立派な小屋で雨宿り。
赤い実が詰まったザクロをおやつにといただきました。
宝石のようにキラキラ輝く粒をひとつ一つ味わいました。

お楽しみで持っていった乾燥トウモロコシを缶に入れてフリフリ。
ポンポンッと白く弾けたポップコーンの完成です。
地面にしゃがみ込んだままで、パクパク。
楽しい〜♪ 畑の横ではしゃぐ無邪気な大人3人。

畑仕事? も、もちろん草刈り、蕎麦蒔き、そしてお喋り♪
9月の来畑はこんな感じで過ごしました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-29 01:25 | 来畑

海の恵みも

天から降りそそぐ雨は山から川、
そして豊かな栄養分とともに海へと流れます。
魚だけでなく、牡蠣や海苔もその恩恵を受けて育ち、私たちの食卓へ。
今、自然の浄化作用で処理できる力をこえ
海にそのまま汚れが流れ込み海の恵みも汚染されています。
残念なことです。

EM菌の話の中で知った、海苔も漂泊されているということ。
白い海苔を作るためではありません。
それなら、何のために?
海苔に加工する工程で、殺菌と漂白に使用するさらし粉、
塩素殺菌などの処理をするそうです。
最近、美味しくてお手頃の海苔を探していたので、余計にがっかり。

だれもが美味しいお魚や海苔をいただきたいですよね。
見えにくい海の中のことに、きちんと目を向けることも大切—
そんな想いが、またひとつ増えました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-28 23:09 | 日常

EM菌

EM菌ついてお話を聞きに行ってきました。
水の浄化やコンポスト、植物にいいんだよね…
ぐらいの知識しかありませんでした。

台所やトイレ、風呂のお掃除だけでなく、洗濯に使うとふっくら仕上がり、
洗えない布団やクッションにもシュッとして乾かすと
これまたフワフワ感が復活! 消臭にも効果的。
菌と言う名前から想像していた以上の、幅広い活用法がありました。

EM菌とはEffective Microorganisms(有用微生物群)の略で、
酵母菌、乳酸菌、放線菌、糸状菌、光合成細菌など、
バランスのとれた善玉菌の集まり。
善玉菌5%、悪玉菌5%。残り90%の日和見菌を見方につけて
よりよい方向に働いてもらうのだそうです。
大多数の日和見クン達。まるで人間と同じだねぇ〜なんて会話も。
ちょっと親しみが湧いてきました。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-27 11:50 | 日常

この種 何の種

気になるキーワードの一つに「自家採取の種」があります。
丹波で育ち過ぎたオクラが種になる過程を見て、とても新鮮でした。
種は種屋で購入するのが当たり前に思ってしまいますが、
本来のあるべき姿を実感。
野菜だけにとどまらず、散策中に見かける種や実も
何だか気になってしまいます。

公園のフェンスに絡まっている朝顔らしき種、
樹木にぶら下がっている種を見つけては、少しいただき鞄へ。
そのまま忘れてしまうこともあり、
床にポロポロとこぼれ出る小さな粒に
あれっ?何の種だったっけ… と記憶を辿ります。

きっと「早く土に戻してね」という
植物からのメッセージなのかもしれませんね。
c0194992_1173395.jpg

[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-26 12:02 | 日常

秋拾い

先日、服部緑地で秋を拾ってきました。
一日過ごした古民家の斜めにあった栗の木。
みんなが拾って、もう無いだろうなと思いつつ、
木の下をクルクル回っていたらイガから顔を出している栗を発見!

そんな姿を見て、写真撮影に来ていたオジサンも一緒になって栗拾い。
植え込みの中にあるよ〜と、二人で茂みをかき分け探しました。
こうやって拾うのは楽しいですね〜なんて話していると
人間が本来持っている本能だよ、って。

心からウキウキするこの感覚、まさに本能かもしれないですね。
他に食べ物がいっぱいある時代だからお楽しみでいいのですが、
木の実が主食の時代、いっぱい拾うのは大変だったろうか… なんて。
ちょっと小ぶりな栗でしたが思いがけない秋を拾い、
また古代に思いを馳せるのでした。
c0194992_112196.jpg

[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-25 10:52 | 日常

キミの名は

c0194992_0311113.jpg

通るたびに気になっていた黄色いあのコ。
橋を通る人からも注目の的。
カメラ片手に多くの人達が撮影しています。
近くに行って、やっと何なのか分かりました。

Rubber Dudk Project 2009 として、
オランダの新進芸術家が生み出したラバーダック。
高さ9.5メートル、幅9.5メートル、長さ11メートルの巨大アヒルは、
フランス、ブラジル、ベルギーを旅して、開催中の水都大阪2009のため初来日中。
27日まで天満橋辺りでプ〜カプカ。
後ろ姿も、なかなか可愛いです♪
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-24 00:23 | 日常

おめかしさん

c0194992_10163635.jpg

境内で見かけた、細身のおめかしさん。
今の時代に見ても格子柄が新鮮な昔の布団生地や藍染めの布を
売っているお店で、いつものように見ていたら、
店主さんが、「ほら、あそこ」という場所。
一瞬、何か分からなかったのですが、そこにいたのは…
フワフワ首巻きをしたイグアナくん。

同じポーズのまま木陰で和み中?
眺めていたら、あっという間に人の輪が。
飼い主のオジサンなのだろうか、触ってもおとなしいよとのこと。
ちょっと撫でてみたかったのですが、
荷物もいっぱい持っていたのであきらめました。
来月も見かけたら、イグアナとの初スキンシップをしてみようと思っています。

野菜、果物が好きで、慣れれば膝に乗せたりできるようですね。
その大きさに一瞬ひるんでしまいますが、以外と穏やかな性格みたいです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-23 10:13 | 日常

お大師さん 〜長月編

連休、お彼岸とあっていつもより賑わいをみせるお大師さん。
人並みをぬうように境内をグルグル。
最近、銘仙が気になっているせいか、
小山のようになった着物の中でも目がいってしまいます。

とても素敵な銘仙とそれにぴったりの帯が♪
クリーム地に大胆なオレンジ系の草花。
地色が薄いだけに、ちょっとシミが気になりあきらめましたが、
かなり好きな組合せでした。
もう一枚気になっていた黒い文様に赤のさし色が粋な一枚を購入。
もとはご夫婦で洗濯屋をしていたそうで、
洗ってノリのきいた綺麗な状態というのも嬉しいです。

立ち寄った別のお店でお話しているうちに
前も来てくれたよね、と覚えていてくれた人も。
多くの人が来るだろうに何だか嬉しく思いました。

最近は、お気に入りのお店もなんとなく決まっています。
品揃えだけでなく店主さんの人柄っていうのが大きいかな。
もちろんお手頃価格というのも大切なポイント!

自転車のカゴいっぱいに古布をのっけてご機嫌な帰り道、
かわいい女性が店主のモナカ屋さんに入りアイスモナカでちょっと休憩。
このお店もお気に入りのひとつです。
その話は、また次の機会に。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-22 11:37 | 日常

黄金色の

c0194992_0252912.jpg

服部緑地までの道のり、電車で行こうか、自転車で行こうかと迷って
お天気もよく心地よい風に“えいや〜”とペダルを踏み出し
北へ、北へと向かいました。

川を越え、坂を登り、予定の1時間より少しオーバーで到着。
車から見る風景と違い、体で地形を感じながら走ります。
行きは回り道をしてしまったので、
帰りは急ぐこともないし、ベストルートを探そうと思いながらマイペース走行。

時おり、夕が暮れる風景を眺めていましたが
橋の上から、いつもより黄金色に輝く光に立ち止まり
少し眺めていました。
真直ぐな線を描き着陸前の飛行機のシルエットも、夕景によく似合います。
無事、帰ってきたのね。お帰りなさい…
いつも心でつぶやく私がいます。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-09-21 00:21 | 日常