ユウユウな暮らし yuyukotori.exblog.jp

日常のイロイロ


by yuyu-kotori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:お気にいり( 21 )

豆花

c0194992_5195149.jpg

いつもの通り道をたまに変えてみると、新しい発見があったりします。
地下街にできた新しいお店に、気になっているスイーツが♪

昨日、疲れた体に…などと理由をつけていただいたのは芒果豆花(マンゴートウファ)
台湾のスイーツ。ちなみに、豆腐花と書くのは香港。

豆腐に黒蜜やフルーツというのが馴染めなくて、口にしていなかったのですが
友人の台湾旅行紀行を読んで、美味しいのね〜と知って
先日ふらりと訪れた台湾と猫好きの小さなカフェで初体験。

シンプルに黒蜜やきな粉などの組み合わせもあるけど、
黒タピオカ、黒蜜、フルーツ、かき氷がトッピングされた初豆花の美味しいこと!
現地では、イチゴやスイカがのっているのもあり、オススメと聞きました。
日本ではやはりマンゴーが人気。
2回目の豆花も、黒タピオカ、黒蜜、マンゴーの果肉とかき氷が入ってました。
豆腐の味もしっかりしてるけど黒蜜との相性は◎。

豆花のレシピもたくさん紹介されてますが、
コツは豆腐をフワフワに仕上げることにあるようです。

自転車でいけるエリアに香港の豆腐花の有名な支店があるので、
シンプルなタイプも食べ比べしてみたいなぁ。
[PR]
by yuyu-kotori | 2013-06-08 05:11 | お気にいり

儀右ヱ門

c0194992_1243429.jpg

久留米絣を使った洋服や小物の「儀右エ門」。
現代風にアレンジしたデザインが好きで、愛用しています。

伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つ・久留米絣。
(たて)と緯(よこ)の柄を合わせる高度な技術で織られた模様は、
約30の工程を経て、織り上がるまで3ヶ月かかるそうです。
暖かみのある模様だけでなく、丈夫で、気軽に洗濯できるのが私好み。

ずっと、気になっていたモンペがあったのですが、ちょっと値が張るので、
お店を覗いては鏡で合わせては帰る… を繰り返していました。
最近、財布が緩みがちなのが少々難ですが、
年末セールになっていたので、これは!! と思わず連れて帰りました。

すっかり常連となったこのお店でも、モンペは人気だとか。
モンペブーム、そこまで来てますよ〜。
次は骨董市で手に入れた着物で、オリジナルのモンペづくり。
オーガニックコットンで作っても気持ちいいだろうなぁ。
チクチクとお針子。 そろそろ、実動させよう。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-12-29 01:19 | お気にいり

伊勢うどん

普段はコシのある讃岐うどんが好みなのですが、
フワフワの伊勢うどんも時々食べたくなります。

初めて伊勢の名物をと入ったとある食堂。
真っ黒な醤油とうどんの触感を口にした驚き!
今でも覚えています。
辛いと思いきや不思議な美味しさの醤油と
湯がき過ぎでは? とも思える麺との相性は想像以上に◎。
旅から帰ってきてから、とても気になる存在となりました。

今でも棚に並ぶ伊勢うどんを買ってきては
家で味わっています。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-09-08 19:22 | お気にいり

虫養い

c0194992_10361316.jpg

お行儀よく並ぶ色とりどりのマカロン。
いつも、美味しそう♡ と思いながらも、通り過ぎるのですが、
おトクな一袋を見つけました。
期間限定のショップ「むしやしない」の割れマカロン。
虫養いとは、京都の昔ことばで、
お腹の虫のために? ちょっとお腹を満たすことだそうです。

色もナチュラルなのが嬉しい。
割れといっても、私の目で見るとベッピンなもコも入ってて、
そのまま販売するにはいびつなのかなぁ… と
シゲシゲと眺めてほお張る。 オ・イ・シ・イ〜。

私のお腹の虫も満足、満足♪
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-09-07 10:13 | お気にいり

民芸

c0194992_209721.jpg

民芸の素朴な風合いが好きで、
器や布などが並んでいると見入ってしまいます。
手間もかかっているだろうに、お手頃な価格だったりします。
日常使いというところなのでしょうね。

鞠の作り方をテレビで見たことがありますが、
ひたすら土台となる丸を巻いて、巻いて、巻いて…
綺麗な球になったところで、
マチ針を打ったところに色糸を引っ掛けながら
さらに巻いて、巻いて、巻いて…

小さい頃はふぅ〜ん、なんてもらった鞠を見てましたが
今になってその技のすごさに気づきました。

ミニ鞠のストラップ、かんざしなど
いろいろサイズや模様があって迷ったのですが、
にぎり拳大の鞠をひとつ。
何をするわけではないけれど。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-05-11 19:56 | お気にいり

ツクシの砂糖づけ

c0194992_0511738.jpg

先日、ツクシ談義に花を咲かせていた時に知った砂糖づけ。
嬉しいことに、さっそく味わう機会がありました。

詳しい作り方は分からないのですが、
水分を抜くのが大変だったとのこと。
焦げないように、ゆっくり炒るのかなぁ。
砂糖はつぶつぶ感が残っていて、触感も楽しめました。

甘さの中にも、ほろ苦さが感じられるとか
言われなければ分からないね〜 なんて言いながら
ついつい手が伸びるオヤツでした。

若いツクシがいっぱい採れたらやってみたいこと。
胞子だけを集めた青い粉。これを団子にまぜると美味しいんですよ〜と
笑顔で話されていたムツゴロウさん。
ツクシを見る度に頭のなかでリピートされます。
どんな味なんだろう。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-03-28 00:40 | お気にいり

レトロな琺瑯

雑誌や雑貨屋さんでよく見かける人気の琺瑯。
私も野田琺瑯のシンプルなポットや小さい鍋を愛用しています。
タッパも欲しいと思うのですが、
ちょっと値段が張るので、なかなか手が出ず…

お大師さん帰りの参道にある昔ながらの金物屋さん。
琺瑯やアルミのピンキング、ジョウロなど
懐かしいアイテムが店先に並んでいます。
厚みがあって無骨な感じもまた新鮮♪ と
以前、購入したデットストックの四角いグリーン琺瑯が
もう出ている分だけなのよ〜 とお店の方から聞きき
ではもう一コ買っておこうかなぁと財布が緩みます。

若い人が可愛い〜 という感覚がよく分からんわと
笑っていた店主のお母さん。
最近の“可愛い〜”対象は随分広くなりましたものね。

店のお奥にはまだ入ったことがありませんが、
可愛いお宝が眠っているようですよ。
また来月、探検しに来ますね。
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-02-23 00:34 | お気にいり

ロマネスコ

大仏さまの頭をのようでもあるグリーンの野菜
カリフラワー・ロマネスコ(黄緑サンゴ)
イタリア〜ンなその見た目から、
お花と一緒にアレンジされることもあるようです。
紫や黄色のカリフラワーと共に店頭で見かけることも増えましたね。
お手頃価格の徳島産ロマネスコを見つけて、
小躍りしながら一つ購入。

見た目は似ているブロッコリーとカリフラワーですが、
少し固めに茹でたコリコリ感を楽しみながらいただくカリフラワーが好き。
となれば、この不思議なカタチのロマネスコ
一度は味わってみたいと思っていたのでした。

数日前、イタリア人シェフが紹介していた
ロマネスコをトッピングしたスパゲティも美味しそうだったなぁ。
まずは、シンプルに塩茹でを味見、味見♪
[PR]
by yuyu-kotori | 2010-02-17 12:30 | お気にいり

ベレー帽

アクセサリーをあまり持たない私にとって、帽子は遊びのアイテム。
今年はいろんなタイプのベレー帽が登場してますね。
丸々とした顔が少しでもすっきりと見えるようにと
店先で試してみては、鏡の中の変身を楽しんでみたり。
頭に載せるだけで雰囲気が変わり、まるで魔法のよう。

いくつかココロに残るベレー帽があったのですが、
手元にやってきたのは濃いグレーに紫のラインが入ったフワッとした素材のもの。
家にもどりタグを外し、改めて表示を確認したら
大好きなマキシンの帽子でした。
もともとシンプルで美しいカタチが好きなのですが、
いいなぁと思って手にとる多くがマキシンのものだったりして
神戸の老舗なんだと知るきっかけになりました。

ベレー帽といえば、友人の子供が小さい頃、ずっと被って遊んでいたので
絵書きさんなんて呼ばれていたこともあったなぁと
そんなことをふと思い出すのでした。
久々に絵書きさん復活の冬になりそうです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-11-30 00:47 | お気にいり

のれん

出かけたついでに改装前の百貨店へ。
麻のれんをずっと探していましたが、
お手頃価格+好みのデザイン、両方◎って無いものですね〜。
立ち寄った特設会場でおっ♪と思えるモノに出会いました。

店員さんに広げてもらって品定め。
財布と相談しつつ、生成りに瓢箪、紺地に茶壺の2枚を購入。
ありそうでなかった大胆でシンプルなデザイン。
気にいっています♪

さっそく、アジアンテイストののれんと替えてみたのですが、
間口より幅広く、つっぱり棒では無理でした。
引っ掛ける金具と棒を用意して、再トライです。
[PR]
by yuyu-kotori | 2009-08-28 16:04 | お気にいり